切断された椅子 / The severed chair

次世代の100人を発掘するというコンセプトで行われた展示会「100人展」に向けてデザインした椅子。
ウォルナット製の椅子の中央に15mmのアクリルを仕込み、一見すると真っ二つに切断されたような見た目に。

光の当たる角度によっては床に綺麗な影を落としたり、アクリル自体が光を反射して輝いたりと、シンプルながらも遊び心のある椅子になっています。

 

Chairs designed for a large scale design event.

The chair is made of walnut and has 15 mm of acrylic in the center, giving it the appearance of being cut in half at a glance.

Depending on the angle of light, the chair casts beautiful shadows on the floor, or the acrylic itself reflects light and shines, making the chair simple but playful.

​TDW100人展 / 2015 / collaborator 柿八 / Design T.inomata

Copyright © 2020 siwaza inc.